Excel 関数使った3×3行列の積ついてのプログラム書

Excel 関数使った3×3行列の積ついてのプログラム書。l[i][j]=m[i][k]*n[k][j];じゃなくて、l[i][j]+=m[i][k]*n[k][j];ですね。c言語の初心者
関数使った3×3行列の積ついてのプログラム書いたの、計算結果違ってま
自分で以上の不備見つないため質問させていただき include<stdio h>

int retu(int d[][3]){
int i,j;
printf("数列入れて\n");
for(i=0; i<3; i++){
for(j=0; j<3; j++){
scanf("%d",&d[i][j]);
}
}
}

int seki(int m[][3],int n[][3],int l[][3]){
int i,j,k;
for(i=0; i<3; i++){
for(j=0; j<3; j++){
for(k=0; k<3; k++){
l[i][j]=m[i][k]*n[k][j];
}
}
}

}

int main(void){
int a[3][3],b[3][3],c[3][3]={0},i,j;
retu(a);
retu(b);

seki(a,b,c);

printf("積だよ\n");
for(i=0; i<3; i++){
for(j=0; j<3; j++){
printf("%d ",c[i][j]);
}
printf("\n");
}

return 0;
}

/*実行結果

数列入れて
1 2 3
1 2 3
1 2 3
数列入れて
3 2 1
3 2 1
3 2 1
積だよ
9 6 3
9 6 3
9 6 3

*/

※実際の正い積の解
18 12 6
18 12 6
18 12 6
なります 行列とテンソルの操作—Wolfram言語ドキュメント。このチュートリアルでは,行列,ベクトル,テンソルの構築と操作のための
関数を復習する.まず に特有の関数に焦点を当て,次
に行列を使った多くの例を示す.すべての関数は一般的なものであり,どれも

配列array。配列とは,同一の型のデータをメモリ上に一列に隙間をあけずに
並べたものである。このような書き方をする利点は, [] = {, , , }; で
宣言した配列の要素数を変更して, たとえば [] = {, , , , }; と次の
プログラムは,配列を宣言すると同時に初期化しておいて,すべての要素の数値
を表示し,またその総和を計算し表示する。マクロ定数を配列の要素数に
用いるのは, 単にタイピングの手間を減らすためだけではなく, プログラムの
読みやすさはじめようプログラミング。計算はパソコンのがするわけですが,にわかる言葉で伝えて,人間に
わかる言葉で結果を返してもらう必要が言語はそれぞれ違っていても,基本的
な要素はそれほど多くありません。様々なプログラミング言語が有りますが,
処理の基本は代入と反復と分岐の三つです。[] ## [] ## [] ## [] ## []
## [] ## [] ## [] ## [] ## [] 関数で作りますが,そのときに
与える引数の名前を設定すると,その関数の中ではその引数を使った処理をし
ます。

ベクトルの内積や行列の積を求めるnumpy。関数は。で内積を計算する関数です。本記事では。の使い方
と内積の計算について解説しています。Excel。数値の掛け算では。かける数とかけられる数の順番を入れ替えても答えは一緒
です。つまり。5*3=3*5=15 が成り立ちますが。 行列の行列の
掛け算 *をするためには。の列数との行数は等しくなければならない。
例えば上記の行列の列の数ヨコに数えるは「」。行列の行の数タテ
に数えるは「4」だから。*は計算できません。掛けられる行列の列数と
掛ける行列の行数が共にnになっているのは。注意2で書いてあることと同じ
です。mとrに

l[i][j]=m[i][k]*n[k][j];じゃなくて、l[i][j]+=m[i][k]*n[k][j];ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です