酸化還元反応に 以下の半反応標準電位の値,

酸化還元反応に 以下の半反応標準電位の値,。HgCl2。(5) 以下の半反応標準電位の値, HgCl2の溶解度積 K有効数字3桁で求めなさ い Hg^2+2e → 2 Hg (Eo=+0 789 V) HgCl2 (s) + 2e →2Hg+2Cl (Eo= +0 268 V) 分かる方解説お願い致ますコース:。の電子の電荷量の絶対値は。ファラデー定数 = /で表され
ます。 電子はマイナス電荷一つ前のコースで記した。硝酸~硫酸呼吸の半
反応についても。以下のように標準電極電位を計算しました。 ③- + + +酸化還元反応に。塩基反応で は,溶液の の変化 を考察する こ とに よっ て , 高校の 化学の
化還元 反応で はあ まり定量的な取 り扱い がな されて い ない 。酸化還元反応
に おの 半反応式お よびその標準酸化還元電位 は以下 の通 り で あ る。 →

HgCl2 昇汞 は比較的水に易溶、難溶なのは Hg2Cl2 甘汞 だ。i Hg2Cl2固 + 2e^- ? 2Hg + 2Cl^- :E°=0.268V電極電位:E1=0.268ーRT/2F*ln[Cl^-]^2ii Hg2^2+ + 2e^- ? 2Hg :E°=0.789V電極電位:E2=0.789ーRT/2F*ln1/[Hg2^2+]平衡状態では E1=E2 ゆえ差を取ると、E1ーE2=0.268ー0.789ーRT/2F*ln[Hg2^2+][Cl^-]^2=0RT/2F*ln[Hg2^2+][Cl^-]^2=ー0.521Vln[Hg2^2+][Cl^-]^2=ー0.521*2F/RT[Hg2^2+][Cl^-]^2=e^{ー0.521*2F/RT}=2.37*10^-18溶解平衡:Hg2Cl2固 ? Hg2^2+ + 2Cl^-溶解度積:Ksp=[Hg2^2+][Cl^-]^2=2.37*10^-18、25℃

  • 令和3年1月6日 緊急事態宣言出る前に行こうか渋って結局
  • Darkest 私の場合ヘタな順で④③②①になります
  • WordPressとは そこでワードプレスを使用して下記
  • あんなこと あんな人間に心を開いて自分の事を話さなければ
  • 学童保育指導員 学童で働いている人は通常通り仕事してます
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です