特集0106 戦艦大和の沖縄特攻戦略的全く無意味でただ単

特集0106 戦艦大和の沖縄特攻戦略的全く無意味でただ単。正確に言うなら「天一号作戦沖縄方面の航空作戦のうちの菊水作戦航空機による特攻作戦を支援するための海上からの囮作戦」ですから、プライドのための玉砕などではありません。戦艦大和の「沖縄特攻」戦略的全く無意味でただ単日本軍のプライドだけのため無理矢理玉砕させられたのか 航空支援ろか燃料すらままならずや海漂う巨大な棺桶でた 大和の沖縄特攻作戦の裏には。作戦参謀。設計者。主砲や高角砲。そして機銃を担当した乗組員ら多数の証言
から。戦艦大和の実像を浮き彫りにする。その意味でこの作品は家族と祖国の
ために自らの命を捧げた若者たちに対する。後世の日本人としての尊敬と感謝を
込めた私見だが。太平洋戦争の大日本帝国海軍側の主役は。山本五十六連合
艦隊司令長官。南雲忠一機動艦隊司令官。源田実進水」とは船体を完成させた
だけに過ぎず。艦橋。主砲。副砲。高角砲???等の艤装はまったく行われおら
ず。ただ

男たちの大和。当時の価値観を現在の価値観で裁くことの意味を改めて考えさせられた。私
としては映画この戦略も意義もない特攻を多分保身のために決めた海軍上層部
責任者は戦争犯罪人そのものに思える。せっかくこのてしまった。そもそも
制作のあたって。史実から離れ。仕様とかで。戦艦大和を戦わせれば。良かっ
たのでは無いかと思ってしまった。ただ。日本の現代の風潮や東映の方針
特に宣伝によって。色んな解釈ができる映画となったような気がします。「戦艦大和」特攻を「思い付きの作戦」と痛烈批判した副砲長の。「特攻」といえば。爆装した航空機による体当たり攻撃の神風特別攻撃隊がまず
イメージされるが。年前の月日。沖縄に向けて出撃し。米軍機の集中攻撃を
浴びて沈没した「戦艦大和」が受けていた命令も「特攻」であった。 この「

昭和日本のおバカなテロと戦争昭和元年から敗戦まで第22話。例えば。ドイツ軍で は「敵を殺せ」とまず命じられたが。日本軍は殺すこと以上
に死ぬ ことの大切さを説いた。この日本軍の自分天皇のために戦争に征った
という人もいるが。それは言葉のはず みであって関係ないですね。戦艦『大和
』の乗員表専之助氏の述懐。辺見じゅん氏著 『男たちの大和<下>』ハルキ文庫
。軍はこの語の意味を本来の意味とは 全く懸け離れたものに変え。
戦死を「桜の花の ように散る」ことであると美化するために利用した ので
ある。上官がくれた命。旧日本海軍が建造した世界最大の戦艦「大和」。太平洋戦争末期の昭和20
1945年4月7日。沖縄海上特攻の途中。米艦載機の猛攻撃を受け。鹿児島
県坊ノ岬沖で沈没した。乗組員3332人のうち。生還者は276

特集0106。今や実戦可能な大型戦闘艦は世界最大の戦艦である戦艦大和ただ一艦を残すのみ
となっていたのだ。この海上特攻作戦は。連合艦隊司令長官豊田副武大将
により発令されたものだったが。実際の作戦立案は。連合艦隊参謀長の草鹿
まず。航空特攻隊が沖縄近海の米軍艦隊に襲撃を加え。続いて第二艦隊に所属
する可動水上戦闘艦を集めた日本海軍最期の務めたこともある第二艦隊参謀長
の森下信衛少将らをはじめとする第一遊撃部隊司令部は。日本側にまったく
制空権の無い戦況戦艦大和の海上特攻。。米軍の慶良間列島上陸により,米軍の沖縄上陸を確信した連合
艦隊司令長官豊田大将は「天一号作戦」を発動。 日本軍は,体当たり航空特攻を
開始。米軍は任務部隊に高速戦艦を配備し,空母を護衛させたり,

正確に言うなら「天一号作戦沖縄方面の航空作戦のうちの菊水作戦航空機による特攻作戦を支援するための海上からの囮作戦」ですから、プライドのための玉砕などではありません。とはいえ天気の悪い日を狙ったので、あわよくば沖縄到達も考えていました。もちろん浜に乗り上げて陸上砲台などと言っていたのは下士官以下の兵隊たち向けの士気向上を狙ったブラフで、沖縄到達できたら普通に陸上砲撃か海戦になっていたでしょう。囮作戦なので沈む可能性は高いと考えられていましたが、天候悪化のため航空機が出撃できなくなれば特攻を支援する必要はありませんし、大和も空襲を受けることは無くなりますので、一応陸戦用の武器弾薬も積んでいました。玉砕どころか「こうなったらああしよう、ああなったらこうしよう」まで考えていたわけです運任せとはいえまた国民向けに、海軍が戦力を残したまま降伏できないという感情論を持ち出すなら、国民に人気のあった長門を出すべきです。国民にほとんど知られていない大和が沈んだところで何の慰めにもなりません。史実としては、米機動部隊の空襲を受けて艦隊壊滅となり、大和自身は撃沈されていますが、囮の役割は果たし、菊水作戦はそれなりの戦果を挙げています。他に囮を務められる大型艦はもう残っていなかったので、結果的に大和が使われましたが、最大の戦艦が最後の作戦に出撃したことでプライドだのなんだのと後世にいろいろ言われてしまったのが大和の不運かもしれませんね。戦艦大和が出港したときには、大本営天皇及び軍の上層部は、日本の敗戦はすでに分かっていたのです。大本営天皇及び軍の上層部は、無駄死にをさせたのです。沖縄戦や本土空襲や原爆投下もそうです。国民臣民は、無駄死にを強いられたのです。これも皆、天皇が処刑を免れたかったからなのです。さっさと、天皇が降伏宣言をし、処刑されていれば、日本国民310万人というこんなに多数の死者が出なかったはずです。沖縄での全軍総攻撃で天皇陛下から海軍に船はないのか?と聞かれて海軍の偉いさんが当然全軍総攻撃と言っちゃいましたので。陛下や陸軍に気を使っちゃったんですね。周囲に合わせる日本人の気性ですな。全員参加と言われると弱い。もう二日出撃を遅らせれば悪天候で沖縄まで行けたという話もあるのですが…。それでは囮になりませんしね。日本軍とは誰を指します?組織でしようか?開戦、そして各作戦、そして特攻に反対する方が軍内、より下の階級の中には存在したというのが国内では知られています。もっとも、軍組織は、下の者の見解をそもそも吸い上げない組織であったわけで、じよういげだつの報道統制が敷かれ、マスコミも教育機関もむしろ同機し、さらに煽ればこそ者が活躍できる社会。残念なことがあるとすれば、耳を貸さなかった方々、反対でも耐え忍ぶというような言い換えを生んだ土壌でしょうか。軍に徴兵されることはすなわち生を国に捧げる尊い行為という価値共有はそれ日露戦争の時代には宣伝され共有されていたので、その論理の延長に生まれた土壌です。であったとしても、忘れるわけにはいかないことは、その渦中で、命を捧げられた方々、市井に生きることができたであろう平凡な生きる喜び、それを身近に失った者が感じた命の重みが、なによりも戦後を生きる方々の様々な力となったことでしようか。戦後の民主化を、マスコミ、教育も180度、体を返して展開した原動力も、同じ基軸上にあるかと思います。気になるのは、異論を容易に許さない組織、内心反対でもまずはそこで取り込まれないと出世できない、出世しない限りは思い通り組織を動かす立場にならない、どの組織にもある現実です。特に動脈硬化の進んだ組織は異論は弾き出されるので、異論は口の中で飲み込むことになる。そんな組織、社会では、ともすれば、自己利益を実するために、ねつ造情報が流れる。自己実現のための利益誘導、イエスマンとして同調、そうでないければ採用もなければ、出世もしない、みっともなくて言葉にはできない暗黙の社訓…。どの組織でもあることでしょうが、かような組織を認める都度、日本軍?と同じ匂いを感じます。であつたとしても、それを忌避すれば、上に登れない、残れない。組織人には厳しいところですね。それでも、ねつ造、フェイク情報には気をつけたいところです。その効果、そこで生まれる利益を狙って、流す側は流している。少なくとも、その意図を読めることが、支持する、しないに関わらず必要でしようか。でなければ、意識せずに踊らされてしまいます。意識して踊らされるのとは大違いでしよう。残念なことは、ねつ造で生まれた事態に対する責任の取りようをそれを流す側は何ら考えない場合が多いことでしようか。もとより、自己、組織利益実現こそがねつ造、フェイクそれ事態が狙いでしようから。もっとも、多様な立場で読まないと、ねつ造であるかも、はっきりしませんが。それであっても 沖縄が米軍に蹂躙されるのを手を拱いて 見ているわけには行かず戦艦大和+秋月型防空駆逐艦ならば 米空母艦載機に波状攻撃を受けても 沖縄にたどりつけるかもしれないと判断して 特攻をおこなったんだろう引用 連合艦隊司令長官である豊田副武大将は「大和を有効に使う方法として計画。成功率は半分もなし。うまくいったら奇跡。しかしまだ働けるものを使わず残しては、現地将兵を見殺しにする。だが勝ち目のない作戦で大きな犠牲を払うのも大変苦痛。しかし多少の成功の算あれば、できることはなんでもやらねばならぬ」という気持ちで決定したと回想している。当時 戦艦武蔵は20本の魚雷に耐えていたので大和型の耐久力なら 半分以下の確率だが沖縄までたどり着いて 米軍の揚陸艦隊近くの浅瀬に座礁して不沈状態にしてから 揚陸艦隊を砲撃しまくれば米軍に大損害を与える事は可能だった少なくも現代において大和型より はるかに紙装甲の 海上自衛隊の水上護衛艦を沖縄に侵攻する中国揚陸艦隊の迎撃に神風特攻させて中華空軍1600機にたこ殴りにされる左翼の大好きな 海空重視 洋上撃滅作戦よりは大和の沖縄特攻のほうが 成功率はマシだったと思われる結局大和の戦果って航空機、数十機か?今の金で何兆円もかけて作ったのにな、その通り。命令した連合艦隊も作戦実施の第二艦隊も成功するとはまったく思っていなかった。海軍の栄光とかつまらん見栄に付き合わされた第二艦隊の3700人の戦死者はまったくの無駄死にだった。航空特攻を援助する為と言う意見もあるが、「まったく」効果はなかった。そうですね。完全に戦略ミスです。近代史におけるバベルの塔の様な存在です。過去を知った者たちの結果論。歴史の評価は、当時の人間になりきって考えることで、真実が分かる。沖縄特攻は充分に戦略的価値がありましたよ大和出撃によって、沖縄にいた米海軍機動部隊はこれを迎撃しなければいけなくなりますし、事実空母数隻から機動部隊は迎撃の為に出撃して大和を沈めてますこれは沖縄での特攻隊による攻撃の成功率を上げるための囮作戦でもありました。実際に大和へと機動部隊を差し向けた空母の内4隻は特攻によって大破し、戦線を離脱しています。撃沈じゃねえのかよ、と思うかも知れませんが戦線を離脱させるだけでもそれだけ戦力を削ることになるので充分に意味があります米機動部隊が迎撃に来なかったとしても、そのまま沖縄へ向かい、艦砲射撃を米艦隊へ行い援護する予定でした航空支援がなかったのは、特攻機になり得る機体数をできるだけ温存しておきたかったのもあります燃料に関しては、片道分のみというのは事実ではなく、ちゃんと往復分の燃料が積まれてましたよ戦艦大和は色々な最新技術が込められているので戦後アメリカ軍に接収されて技術を盗まれるのがイヤで敗戦前に処分したかったのです。大勢の乗組員は大和を捨てに行かされたのです。逆だ。そのプライドを変な話だが挫く為に出撃させられた。そう。まだ戦力がある…大和があるじゃないかと幻想抱く輩がいて、それにいわばすがって…どう考えても絶滅しか思えん無謀以外の何ものでもない徹底抗戦の意思を砕くまぁ拍車かけた…逆効果っぽい感じもあるが…意図としてはそうだったのでは?と、オレは解釈してる。それにしても大和型戦艦はタイミング的に不幸だった。戦艦は、ある種スターであり…逆説的にいえばそれしか意味はない。ド級…戦艦ドレットノート以降、戦艦が戦艦でしか出来ない事をやってのけたモノは無い…とまで言い切る本もある。象徴的意味合い以外には無かったのだろう。が、その進水で世界に注目されるどころか…機密とした。そう、もう戦争ぶちかましちまったからだ。これに関しても別の見方をするものはある。大々的に発表してたら、例え空母造設に支障あろうとアメリカも戦艦を造れ的な意見を抑えきれなかったかもしれないって見方だ。いずれにせよ、大和は温存することになった。せっかく出張ったのに活かせなかった事もあった。どこか、高額なものだから大事に使おうとしたんだろう。戦艦の本分は、戦う事だ…と、いうのに*′°ω°大して金持ちじゃないのに、見栄張って超高級車を買ったが傷つけるのも汚れるのも嫌がってずーっとガレージん中にしまってるかのようなものかもしれんな。出し惜しみ…大事にしといたクセに最後に投げっぱなしな無謀以前の沖縄特攻だもんな。浮かばれんゎ。しょっぽクン戦術的には航空特攻や、ついでに地上部隊へ向けられる艦載機を引き受けることが目的でした海軍は戦争がしたいのではなく、戦艦大和を作りたかっただけ。「無駄な公共事業」の戦争版です。東京オリンピックの国立競技場のようなもの。戦争末期に批判が強まったので、「海の特攻」をするしかなかったのです。戦後の沖縄県民の心情を考えての措置です。いまのF35大量導入や空母化がそれだなアホノミクスがやる政治は、100年近く変わってない。

  • 意外な効果アリ 自分で投稿したYouTubeの動画に字幕
  • ウィッチャー3 [SSD+HDD搭載]で迷っています最初
  • 着物レンタル 振袖レンタルも値段が高いし話を聞くだけなら
  • Intel? 10400使いたいんですけどねちょっとサク
  • 夏休み明け 夏休みの何日か学校に行き作業をすることになり
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です