特定疾患処方管理加算 特処長の定理の1つである28日以上

特定疾患処方管理加算 特処長の定理の1つである28日以上。投薬の指示そのものに矛盾があります。医療事務勤務ている者
?特処長? 算定可能か

特定疾患(喘息性気管支炎)の患者さんで、
メプチンキッドエアー処方され
『100回分 1回2吸入 1日2回 』
なってるので66点算定できる考えたの、
コメント「発作時のみ」なって
毎日吸入するのでないので
特処長の定理の1つである「28日以上」当てまらないのでょうか
そうなる66点でなく、
18点での算定なるのでょうか

どうぞお分かりなる方、
特定疾患処方管理加算。特処長特定疾患処方管理料 点は。その日に投与される薬剤全てが「日
以上」でないとダメですか? 処方された薬剤すべてが。日以上である必要は
ありません。特定疾患に対する投薬が一つでも日以上の処方であれば算定でき
ます。それで。そのまま長期処方加算点を算定してもいいのでしょうか?
日を越えた時点で適応病名胃潰瘍→維持療法都道府県によって異なると思い
ますてんかん指導料は主病である必要がないので。特定疾患を主病にしておけ
ば問題

気をつけたい算定漏れ~処方料編~。ご存知の通り。処方料は院内処方の場合。内服薬6種類以下で42点。内服薬7
種類以上で29点です。これを入力した時にコンピューターは。かぜ薬が臨時
的な投薬であると判断できないため。自動的に低い点数を算定したり。
それからもう1つの際。外用薬は「全量×1」で入力されるために
コンピューターは28日分の処方とは判断できないので。65点の算定は
コンピューターは大変便利ですが。操作をする人が知らないとそのままになって
しまいますから深刻です。

投薬の指示そのものに矛盾があります。算定の問題ではありません。1回2吸入 1日2回は、定期吸入を指示した意味発作時のみは、いわゆる頓用ですから。質問文の内容については、法令の原文で確認しましょう。イ 処方期間が 28 日以上の場合は、特定疾患処方管理加算2として、月1回に限り1処方につき 66 点を加算する。なお、同一暦月に区分番号「F100」処方料と区分番号「F400」処方箋料を算定する場合にあっては、区分番号「F100」処方料又は区分番号「F400」処方箋料のいずれか一方の加算として月1回に限り算定する。とあります。『処方期間』という表現の解釈の問題ですね。本加算の意味付けとして、下記のように明記されています。ウ 処方期間が 28 日以上の場合の加算は、長期投薬の際の病態分析及び処方管理の評価の充実を図るものであり、.

  • 48本セット 一回使ったやつを消毒しようにも消毒スプレー
  • 予算10万円 予算は45万で周辺機器やデスクとかに20万
  • アースジェット アースジェットを噴霧しても死なずにずっと
  • avgle マルチタスクはボケを進行させるとよく言います
  • 電子ピアノ ピアノってペダル操作をきちんとやらないとメチ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です