次期戦闘機 のエンジンXF9他国の戦闘機のエンジン比べて

次期戦闘機 のエンジンXF9他国の戦闘機のエンジン比べて。▼。今、航空自衛隊開発てる国産戦闘機F3 での質問 、 ①F3 純国産か 、他国の共同開発か ②F3 のエンジン「XF9」、他国の戦闘機のエンジン比べて、どれぐらい性能の差か ③期待持て 次期戦闘機。は航空自衛隊の次期戦闘機への採用を想定した最先端エンジン「」を防衛
装備庁に納入した。パワーを示す推力はトンで。性能は「世界最強の米空軍の
『』のエンジンに匹敵する」という。日本は戦時推力はトン。燃焼
温度は度ととは比べようもないが。ドイツ。英国に続いて実用に耐える
ジェットエンジンを完成させた。 連合米国はライセンス供与の枠を
広げたが。同じ物をつくって性能を確かめる「逆解析」は厳禁。「問題のターボジェット?エンジン。次にターボジェット?エンジンとターボプロップ?エンジンの中間の性能を
ねらったターボファン?エンジンがあり,効率が実用化は,いわゆる大量?
高速輸送時代の幕開けとなったが,ファン?エンジンはなおも高性能化と高効率
化を目指して率や推進効率で他に劣ることと,排気騒音が大きいなどの欠点
から,現在,使途は主として軍用機に限られている。温度とすることで,同一
燃料消費量のターボジェットに比べて,推力が増し排気の平均速度が下がるため
,推進効率が

防衛装備庁。戦闘機用エンジンシステムの研究試作プロトタイプエンジンの納入について
ウェポン内装化やステルスインテークダクトなどを適用したステルス戦闘機は
。従来の戦闘機に比べて胴体容積が増加もとに。ハイパワーかつスリムな戦闘
機用エンジンのプロトタイプXF9-1を試作し。地上性能試験を実施しました

▼ 日本人に成り済ましが?書くだけの作文に必死だが↓????記事を添付?◆ 毎日新聞:防衛省は?空自のF2戦闘機の後継機を新規開発する方針を固めた▼ 米英の3社から既存機種の能力向上型の導入を提案されていたが?コストや性能面から日本側の要求に合わないと判断した。▼政府?国産?????F-3?開発へ↓戦後初??????製造にめど◆ F-22に並ぶIHI:戦闘機用 J???????????????XF9-1納入▲ コア??????の目標である高圧?????入口温度1,800℃における作動健全性の確認を完了。世界最高水準の燃焼効率を達成?◆ 動画日本初の国産????機↓ATD-X心神開発~完成へ▼ 現在のF-2戦闘機が引退し始める30年代までに後継戦闘機F-3を実用化する必要があり?当然ながら?第6世代の????機となる。?国産????実証機ATD-X?の????集積を元に?F-2の退役に合わせて第6世代の??????????戦闘機↓?F-3?の配備を目指している?軍事は偽りの道です心神こと先進技術実証機X-2が~まで合計32回のフライトを行い高度飛行制御技術また飛行時におけるステルス性の確認等実証及び検証を終えたとき日本の新聞は「先進技術実証機X-2お役御免」「純国産ステルス戦闘機開発先送り」「航空自衛隊次期戦闘機F3防衛省開発断念」等と書きました海外などでも「F-3戦闘機日英共同開発か?」「総事業費80兆円開発費高騰により断念」「F35の購入へ」等と書かれましたしかしどれだけ開発費がかかろうと純国産開発にこだわった防衛省がそう簡単に開発をあきらめるはずがありませんでしたそしてIHI旧石川島播磨重工業株式会社は今年6月にプロトタイプエンジンXF9-1を防衛装備庁に納入しましたタービン入り口温度1800℃アフターバーナー作動時の最大推力15トン以上エンジン自体のスリム化30%XF9-1は明らかに世界最高水準のターボファンエンジンとなりました双発のためステルス素材機体形状についてはX-2で検証済みです残るはアビオニクスですが電子機器の開発には定評のある日本ですF2と同様に国産開発が可能です予算が足りないできないと見せかけて開発を着々と進めていくまさに軍事は偽りの道なのです何兆円かかろうと新しい技術開発技術革新こそが国の資産となっていきますそしてその技術が国を富ませる石杖となっていくのです今後もF3は純国産にこだわって開発が進められていきます日本の技術を日本の国民が信じなくてどうするのですか下町ロケット万歳開発されてもいない戦闘機の事言って何になるの?F-3とか開発されていないので、影も形も無いのだが。X-2は先進技術実証機だぞ。国産化だろうね?XF9-1についてはあまり詳しくは分からんが世界最高水準になると思うなよく、心神とオーバーラップしますが、F3次期国産戦闘機のビジョンとしては、完全な国産化を目指します。共同開発ではありませんが、今度配備されるF35は、日本が無ければ、成り立ちません。つまり重要下請けは、全て日本の技術です。日本は、1941年の時点で極貧貧乏国なのに、世界最強の零戦を開発して、戦争に負けてそれらの、先進技術は、すべてアメリカの戦闘機に持っていかれました。そして、ドイツからの技術供給のジェットエンジンの開発を地められて16年の遅れを強制されました。したがって、P-1哨戒機のF7-10の推力5トンのエンジンが今の日本の工業力です。いくらライセンスで生産してもその高性能戦闘機エンジンは造れないのです。そこで、完全国産でどこまで作れるかがが、心神です。F35JSFは、防衛に充分な性能を有していますが、もしアメリカの支援が得られない時でも、どれだけ日本が、独自の戦闘機を制作できるか?という計画なのです。①②X2実証機は国産機だと思いますよ。エンジンはIHIが主体で防衛省から受注した「実証エンジンの研究」で開発したものですね。XF9-1エンジンは1歩進めた研究による「プロトタイプ」として防衛庁に納入したものだと思います。他国の実機と比べて性能はどうなんでしょうね。次の研究開発で推力を高めたものを開発するそうです。③純国産開発はしないのではないでしょうか。国内専用機にすると数が限定されるので、その機体数に開発費を割り振ると高額になります。アメリカがF22を輸出不可の国内専用機にしたので高額になり、現在は製造中止になってますね。日本はUKBAEと共同開発を検討してきており、ロッキードがF22べースでの共同開発を提案して来ているようですね。開発する場合は、このいずれかになるのではないでしょうか。F35にしたって開発にはUKBAEが参加してますね。UKの次期戦闘機も複数ヵ国が集まっています。ご質問の内容を全部纏めると…大雑把な仕様は、検討されてる様だが……………… 国産か否かも未定ですし、何もかもが白紙に近い。よって、ここで論議しても始まらない……と言うことです。 エンジンだって、開発はされたが………本格的な実機登載試験はされてませんし、スペックだけ語っても、机上の論理ですから……-。-;最後に……最近、揚陸空母とF-35Bの導入予定となってる様だけど……… これを、本格的に導入したらF-3なんて作ってるゆとりは無いと思うぞ……… その上でこれから……「イージス アショアが2機分」と、「イージス艦の台数追加」や、「F-35Aの追加製造」も控えてる。もっと言えば…… 最近調達が中止になった攻撃ヘリで、「AH-64D アパッチロングボウ」の代替えの話に…… 「AH-1Z ヴァイパー」を製造してるベル 社が売り込みをかけてる………と言う話です。今後の事を考えると……後継機の話も立ち消えになる可能性も有るのです。先ず、現段階で自衛隊は戦闘機など開発していません。また「F-3」とか「F-○○」は正式採用された後に付けられる名前なので開発段階でF-3とか言いません。1、不明です。まだ防衛省内で検討している段階で、政府決定すらされていません。2、開発中で、推力11トンアフターバーナー使用時15トンを目指していますが、その他の性能については詳細は不明で、どうなるかは不明です。3、造るとすれば期待は持てますが、戦闘機開発はすれば必ず成功するとは限らず、どういうものを、どういう風に、どれだけのお金と時間をかけて造るかなどなど一切、未定、不明なので逆に期待しかありません。

  • ミッキーネット 入場するのには普通のワンデーチケットを購
  • 不妊症関連 母親の卵子は出来の良さにばらつきがあるのでた
  • 脱?学生言葉 回答がないため何回もとき直した上もう無理だ
  • SS投稿掲示板 それがプライドを傷つけたらしく会長や副会
  • 甘口ワインの誘惑 ドイツはハチミツみたいなワインがある貴
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です