医療と裁判 医療訴訟の原告なった患者や遺族の側の人間敗訴

医療と裁判 医療訴訟の原告なった患者や遺族の側の人間敗訴。病院の前で焼身自殺した富田さんが有名ですよね。医療訴訟の原告なった、患者や遺族の側の人間、敗訴た事や裁判所側自分達って圧倒的不利な条件で和解勧告なされた事、マスメディアの報道やインターネット上のSNSや各種掲示板おいて激いバッ シング受けた事耐えかねて、自殺追い込まれてまったケースって、国内外問わずありか 日本公害訴訟の系譜。裁判所は。武内重五郎腎臓の権威者とされている氏を証人に採用したが。
これに対する被害者側の徹底的な反対自分達の闘いが。公害根絶の闘いと直結
していることを実感したからに外ならない。このことは。四日市公害訴訟特有
の型として早期結審判決に向けて有効に働くことになった。私は原告側の最初
の深井三郎証人の主尋問を任されながら。メモ程度の尋問事項しか用意しなかっ
たことや。十分な打合せやむを得ず全国連は和解による解決を目指すことに
決めた。

医療と裁判。長年,数多くの医療過誤訴訟を手がけてきた第一人者の弁護士が,医療裁判の
過酷な実態とその本来あるべき姿をだが納得を得ようともがく元患者やその
遺族に医療裁判は過酷な負担を強いる.原告が真に訴えていることは何なのか.
ごく普通の学生の了見では,民事事件は所詮,「私的なトラブルであるし,
個人的な感情や誰かの失敗の後始末」に出て行くことにそしていつの間にか,
刑事事件を手がけるはずの弁護士が「医療が専門」にされて事件に追われるよう
になった.報告1。次に。「と医療」というテーマで。トランスジェンダーの活動家として活躍
されている田中玲さんにお話をしてそして。お二人のお話を受けて。医療
過誤裁判を提訴した原告のヨシノユギさんと弁護士の上瀧浩子さんを交えて。
加えて今から年ほど前には薬害の被害者団体が一つに集まるということがあっ
たりして。自分たちのやらなければ原告という立場にしても。裁判官が絶対的
な存在になって。裁判官に委ねられるわけです。それで一気に和解となって
いく。

病院の前で焼身自殺した富田さんが有名ですよね。-------------------------病院前で患者が抗議の焼身自殺6年におよぶ医療訴訟の果ての決断 野村 和博=日経メディカル 10月5日昼前、高齢の男性が焼身自殺を図った。場所は、筑波メディカルセンター病院茨城県つくば市の玄関正面の遊歩道。男性はガソリンを体にかけ、遊歩道にあるコンクリートでできたいすに腰掛け、自ら火を付けた。瞬く間に全身が炎に包まれ、周囲は騒然となった。 周囲の人が急いで消火器で火を消し止め、男性は直ちに同病院の救命救急センターに担ぎ込まれた。連絡を受けて駆け付けた男性の長男はこう語る。「顔は真っ黒に焦げ、耳たぶは焼け落ち、まぶたは焼け付いて開くことはできない状態で、見た瞬間にもうだめだなと思いました」 10月6日午前2時過ぎ、男性は息を引き取った。後に遺族が警察署の鑑識課職員から聞いたところによると、男性は、自身の体が火に焼かれながらも暴れることなく、消火されるまで筑波メディカルセンター病院の玄関をにらむように座っていたという。 この男性は、同市内に住む冨田善弘氏当時69歳。筑波メディカルセンター病院を医療事故で訴えていた、元患者だ。彼はなぜ訴訟を起こしたのか、炎に焼かれてまで訴えたかったことはいったい何だったのだろうか。◆腹腔鏡手術後に容体が急変 今回、冨田氏の長男に話を聞くことができた。まずは、その内容や訴状などを基に、この事件の経緯を再現する。文中のカッコ内のコメントは長男の発言である。なお、筑波メディカルセンター病院にもこの事件について取材を申し込んだが、当事者の医師たちをはじめ病院関係者に話を聞くことはできなかった。 冨田氏は1999年2月、筑波メディカルセンター病院で直腸癌の診断を受け、同3月に内視鏡による粘膜切除術を受けた。その結果、癌が残存していたと診断されたため、6月に同院で再手術を受けた。手術は、腹腔鏡下腸切除術によって行われた。 ところが、その手術翌日、冨田氏の体に異変が起きる。直腸吻合部にできた穿孔によって、腹膜炎を発症したのである。敗血症、DIC播種性血管内凝固症候群、多臓器不全を併発し、2週間以上昏睡した。その後回復したが、排便障害が残り、それに伴い外出する機会が激減するなど、後に裁判所が後遺障害等級第9級の認定を示唆する程度の後遺症が残った。 「問題はその後でした。父の容体急変時にその原因を聞いたときに、病院の医師たちは、『血流障害による縫合不全』と説明し、父の体質的なことが原因であり、手術のミスではないという態度を取りました。簡単に自分たちの過失を否定するような発言に疑問を感じた私は、自分で医学の専門書を調べたのです。私は医者ではなく歯科技工師ですが、学生時代に医学をある程度学んでいたので、専門書で調べる習慣がありました」 「専門書には、『術後72時間以降の縫合不全は血流障害や壊疽の可能性があるが、それ以前の縫合不全は手術に起因する』と書かれていたのです。父は手術の翌日に発症しましたから、この記述を医師たちに提示し、手術が原因ではなかったのかと聞きました。しかし、『上に報告しておきます』と言われただけで、明確な説明はなされずに済まされてしまいました」 冨田氏は手術から約2カ月後に転院した病院で、腹膜炎の原因になった穿孔が起きた直腸吻合部の検査を受けた。その結果、手術時の処置があまりにもずさんだとの指摘を受ける。筑波メディカルセンター病院に対する冨田氏の不信感は強まった。◆医師の態度に不信感募り提訴へ 冨田氏が腹膜炎を発症した原因は、その後2006年5月出された裁判所の公的鑑定によって、腹腔鏡下腸切除術の手技によるものと判断されている。 「専門書に書かれていることを指摘した後も、相変わらずミスはなかったと言い張るだけでした。少しでもミスの可能性を認め、謝罪の言葉や態度を示してくれていれば、提訴までは行かなかったと思います。病院側の対応は、あまりに不誠実でした。だいたい、筑波メディカルセンター病院ではそれまで腹腔鏡下腸切除術の経験がなく、父が第1例だったというのも、知らされたのは手術後だったのです」 「我慢ならなかったのは、手術後に医師から吐かれた言葉の数々です。『病院も医者もミスは絶対に認めないものなんです。そんなこといちいち認めてたらキリがない』『医療費はすべて払っていただきますよ。文句があるなら裁判でもして取り返してください』などと父は言われたようです。これが医者の言葉かと、耳を疑いました」 冨田氏らは弁護士と相談し、1999年10月に証拠保全を行った。そして、2000年6月、筑波メディカルセンターや医師数名を相手取り、民事訴訟を起こした。◆裁判で新たな疑念浮上 冨田氏は手術を受けるまで、有限会社を経営していたが、腹膜炎の発症によって予定以上に長期に合計で半年以上入院する必要性が出たため休業せざるを得ず、後に破産するに至った。身体的にも大腸の機能が戻らず、後遺症に悩まされていることなどを考慮し、総額4000万円超の損害賠償を求めた。 裁判では、口頭弁論や被告人尋問などが、複数回行われた。その中で、冨田氏らが不信感をさらに強める新たな事実と疑念が出てくる。事故後、手術の執刀医は腹腔鏡下腸切除術の権威だったと知らされたが、執刀経験は他院での1例のみだったことが分かったのである。 「驚愕しました。良識ある病院なら、これまでの治療経験を明らかにしてインフォームド?コンセントを取るのではないでしょうか。その辺りは伏せられたままでした」 それだけではなく、冨田氏らは、その執刀医が実は手術の際に執刀していないどころか、立ち会ってすらおらず、未経験者のみで手術が行われていたのではないかという疑念を抱くようになる。 「裁判で手術時の状況を再現したとき、執刀医なら分かるはずの、腹部に開けたポートの位置関係がまるででたらめだったのです。それだけでなく、父が腹膜炎を発症した後、腹腔鏡下腸切除術の権威であり執刀医として家族に紹介された医師の顔は、その後、父を見舞いに訪れた執刀医本人の顔とは明らかに別人でした。要は、未経験者のみで手術をやったが、失敗したので騒がれるのを恐れ、経験者がいたことにしようとしたのではないかと私たちは疑っています」◆和解協議するも決裂 裁判所からは、幾度となく和解が勧告された。しかし、双方の主張が折り合わないなどで、和解が成立することはなかった。 「和解に応じなかった最大の理由は、悪いと思う気持ちが全く感じられなかったからです。意固地になっていると思われるかもしれませんが、お金だけで気持ちを収めることはできませんでした」 裁判では、裁判所による公的鑑定も行われた。その結果、腹膜炎発症の原因は手術時の手技が直接の原因になったと判断された。それでも、病院側はその鑑定結果に反論するなど、それを認めない姿勢を取り続けた。 「その後も裁判は進んでいきましたが、判決に至るまでにはまだまだ時間がかかりそうでした。父も裁判で疲弊し、なかなか過失を認めようとしない医師たちにいらだち、精神的に追い込まれているように見えました」 そんな中、自殺の引き金になったと推測される出来事が起きる。冨田氏が自殺するほぼ1カ月前、今年9月4日の裁判所でのことだ。冨田氏らはこのころ、事件の真相を明らかにするには裁判所に判決を下してもらうしかないと考え、和解勧告を拒否する意思を裁判所に伝えていたが、裁判所は再度和解を勧告したという。 「父は裁判官から別室に呼ばれ、和解に応じるよう説得されました。和解には応じられないと父が言うと、『和解案は原告のためを思って作っている。判決にするならかなりの減額にする』などと言われたそうで、裁判所は自分が何のために判決を求めているのか、分かってくれないようだ、まともに調べる気がないようだ、と家に帰って泣いていました」 なお、和解案では2000万円という賠償額が提示されていたという。 ◆病院あての遺書を残し自殺 その日を境に、冨田氏に変化が起きる。 「これまで亭主関白で頑固だった父が、積極的に母の手伝いをしたり、長男の私にも『いつもがんばってくれて頼もしいな』と声をかけるなど、気味が悪くなるくらい穏やかになりました。何かふっきれたのだろう、と良い方に考えていましたが、自殺を考えていたとは気付きませんでした」 1カ月ほど過ぎた10月3日、冨田氏は家族に内緒で、筑波メディカルセンター病院あての遺書を書いていた。内容は、自殺の予告である。これは、自殺後に家族が冨田氏の部屋を片付けていたときに発見された。これが同院にFAXで送信されたかは確認できないが、それまでに所有する書籍や衣服を処分していたことと合わせて考えると、計画的な自殺だったことが伺われる。 そして2日後の10月5日、予告通り病院前で焼身自殺を決行した。続く※添付写真は、冨田氏宅で見つかった、病院あての遺書。内容は自殺予告。「12時30分送信済み」と書かれている。回答にはならない所ですが、失礼を致します。現在、悪質極まりない、介護施設を運営する法人と闘っております埼玉県…本社さいたま市。正直、書かれている様な究極の行動を起こさないと、相手は何も感じないのではと思っております。いえ、それでも何も感じないのではと思う所です。もはや人間ではありません。未だ逃げたままの施設長、相談員……これを読んで下さっていると良いですが…。

  • ロイヤルオーダー公式ストア その中でアニメキャラクターを
  • XY&Z46 サトシのゲッコウガは再登場の可能性
  • 井上尚弥の選択 ネリはスーパーバンタム級では通用しないと
  • ウイイレ2021 皆さんが思うかっこいいゲームシャツを教
  • 2021年2月5日 実際触ったところでよく分かりませんが
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です